初級者用ブログテク

【ブログ】SNS用の画像やイラストを依頼して納品してもらう方法【Twitter】

 

 

 

まんぷく
まんぷく
こんにちは、まんぷくコーチです。

この記事は、

 

あなた
あなた
Twitterやブログのアイコン・ヘッダー画像を変えたいなあ

 

あなた
あなた
でも、頼める人や、頼み方がわからないし・・・

 

という悩みを解決する記事です。

 

 

早速依頼内容を考えてみよう

 

 

まんぷく
まんぷく
イラストがSNSやブログの印象を決めるから、慎重にやろう

 

 

おおよその5W2Hを決めよう

 

あなた
あなた
なんでもいいのでかわいいのをお願いします!

 

↑これは無謀すぎますね・・

 

依頼された方も何を描いていいのかわかりません。

まずは5W2Hをザックリと決めておきましょう。

 

イラストを依頼するときの5W2Hとは
  • WHO:誰が(依頼主。この場合はあなた)
  • WHEN:いつ(納期。いつまでに欲しいか)
  • WHERE:どこで(場所。納品はメールかTwitterのDMか、など)
  • WHAT:何を(依頼するもの。似顔絵・動物・風景など)
  • WHY:なぜ(使用方法:ブログ・Twitter・名刺など)
  • HOW:どのように(作成方法や納品時のファイル形式。JPEG、PNG、AIなど)
  • HOW MUCH:いくらで(報酬・予算。支払方法など)

 

 

上記の5W2Hが決まったら、次のステップに進みましょう。

 

依頼するものへの「思い」を考えよう

 

先ほどの5W2Hを伝えると、最低限の情報は依頼する方に伝わりますが、

もう一段高いレベルのものを描いてもらおうと思うと、「思い」を伝える必要があります。

 

ポイント
    1. たくさんの言葉で伝える努力をしよう
    1. できるだけ具体的に伝えよう

 

下記に例を挙げてみるので、どちらが伝わるか一緒に考えましょう。

 

例1
例1
とにかくカワイイのでおねがいします!ふんわりしたイメージがいいです!

 

例2
例2
ピンク色がメインの、クマをお願いします。素材はぬいぐるみのようなフワフワとしていて、楽しい表情で小さなベレー帽をかぶっているのがいいです。

 

どちらが伝わるでしょうか?

 

まんぷく
まんぷく
「あなたのイラストのテイストが好きなので、お任せします!」という依頼方法もあるけど、その場合は「思ってたんと違う」というのはナシやで。

 

依頼する方を決めよう

 

あなた
あなた
内容はだいたい決めたけど、誰に依頼すればいいのか・・・

 

まんぷく
まんぷく
そんな方のために、「依頼できる方一覧」というnoteを準備してあるで!

 

↓のnoteには、15人のイラストを有償で依頼できる方を紹介しているのでご覧ください。

 

 

ちなみに、私のTwitterアイコン・ヘッダー画像・Twitterカードは、

Dスケさん(@Dsuke203)に作っていただきました。

 

また、過去にはセッジさん(@sedge_design)、

百太さん(@momotan011)に描いていただいたことがあります。

 

まんぷく
まんぷく
どなたもおすすめやで!

 

まずは問い合わせてみよう

 

上で紹介したnoteでは、すべての方のTwitterアカウントを載せてあるので、

まずはTwitterのDMで問い合わせてみましょう。

 

初めの問い合わせは下記の黄色い枠内の文字をコピペしてもらって構いません。
(〇のところは自身の名前などに置き換えてください)

はじめまして、まんぷくのブログを見てDMしました〇〇と申します。

〇〇〇をお願いしたいと考えていますが、現在依頼可能でしょうか。

また、可能であれば金額お見積り、だいたいの納期、条件等をお知らせいただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

すぐに返信がこないかもしれませんが、気長に待ちましょう

 

依頼するときのマナー

 

依頼する場合のマナーをいくつか挙げておきます。

描いていただくという姿勢で接する」→「お金を払う方が立場が上(エライ)」という姿勢では、良いイラストを描いていただくことはできません。ただし遠慮しすぎもよくありません。妥協できない部分は対等に話すようにしましょう。

値切らない」→価格が予算と折り合わない場合でも、値切らず予算を増やすか依頼を中止するようにしましょう。

描いて欲しいモノの希望やイメージは詳細に伝える」→あやふやな依頼はトラブルの元です。思いつく限りの希望やイメージを伝えておきましょう。

やりなおし(リテイク)は依頼する方の指定する回数までにする」→やりなおし(リテイク)の回数が決まっている場合があります。回数を超えてやりなおし(リテイク)を求めないようにしましょう(やりなおしが最小限で済むように、詳細にイメージを伝えておくことがここでも重要になります)

支払いは確実に実行する」→どの支払方法をとるにせよ、「〇日までに支払います」と合意できたら確実に支払いましょう。

画像の利用について

 

画像の利用について、注意点を挙げておきます。

著作権はもらえないのがほとんどと考える」→依頼する方が同意しない限り、著作権は依頼する方が持ち続けます。「納品されたアイコンやイラストの使用権を購入するのだ」と考えると良いでしょう。

二次使用はできないものと考える」→依頼する方が同意しない限り、納品されたアイコンやイラストは二次使用できません(例:ヘッダー画像を改変して使用する、アイコンに装飾して別のキャラクターを作る、など)。

過去に勝手に二次使用してTwitterやブログで炎上している案件を何件も見ているので注意してください。

 

依頼時に「納品された画像にテキストを入れてもよいか」「ブログ(やツイッター)の画像に使ってもよいか」などと使用できる範囲を広く了解を得ておくことで、トラブルを回避できる可能性があります。

 

(まとめ)依頼する相手は人間、ということを忘れない

 

依頼する相手は人間です。それを忘れて「それくらいやってよ」「金を払うから言うことを聞け」などという態度では、よい成果物は出てきません。

 

まんぷく
まんぷく
いかに気持ちよく取り組んでもらって、良いものを描いてもらうか、あなたの腕の見せどころやで!

 

「相手に敬意をもって接する、ただし不明な点はきちんと確認する」「約束は守る」という姿勢が良い成果物をいただく方法だと言えるでしょう。

素晴らしいイラストは、あなたのSNSライフをきっと華やかなものにしてくれます。

ぜひチャレンジしてみてください(^^)